巨人の星

無類の巨人ファンの家庭に生まれた一人の少年は自分も巨人軍に入って華やかなプロ野球人生を送りたいという願望がありました。

それを父に告げると毎日血のにじむような特訓をしたのです。

その少年はピッチャー思考だったので重い球が投げれるように強制ギプスを装着して生活をしたり父から千本ノックを受けていたりしていた事でしょう。

ですがあまりにも厳しい教育をしていたのでお姉さんが止めに入ったのですが「止めないでくれ」と言われて特訓を続けてます。

そしてその甲斐あって高校時代に野球部に入った彼は巨人軍のスカウトに目をかけられるようになり見事プロ入りを果たしてえーず番号を背負い様々な強打者に挑み続けたのです。

そして最後は密かに思っていた女性と結婚をし幸せな家庭を掴みます。