キャプテン翼

サッカーの火付け役となったアニメです。

元々は少年リーグに属していた主人公が世間の荒波にもまれながら成長していき次々の強敵チームを独特の必殺技で撃破し、ついには優勝してしまい仲間とその喜びを分かち合いました。

そしてプロのJリーガーに認められてイタリアへ修行をしに行く際に仲間と再会を約束して真のJリーガーとなる為にイタリアへと共に旅立っていきます。

そしてキャプテン翼Jやライジングなどの続編が放送されました。

ルパン三世

ありとあらゆる宝石に目が無い泥棒が仲間と共に警察の目を如何にかいくぐって盗むかというハラハラドキドキの内容になっている事でしょう。

まさに泥棒のカッコよさを描いたものになっています。

それだけではなく時には町で出会った人々の役に立ったり住民を苦しめている悪者を懲らしめたりといったないようにもなっているのです。

更に数えきれないほど映画化もされました。

何と言っても女性キャラクターが魅力的なのです。

主人公はルパンなのですがその中の峰不二子という女性ヒロインが現実にはいないほどのボンキュンボンのナイスバディでセクシーだったのです。

極め付けがお風呂シーンや裸になるシーンの描写も結構多かったので、これ見たさの大人もいた事でしょうね。

何せ全部ひっくるめてほとんどの国民に愛されたアニメと言っても良いと思います。

ぬらりひょんの孫

実際に居たとされる妖怪・ぬらりひょんの孫であり妖怪の血を受け継いだリクという少年が仲間の妖怪を引き連れて大好きな同級生の女の子やクラスメートや大切に思っている人を悪者から守り抜くというアニメになっています。

更に最初は敵対していた者もリクの器の大きさに触れることで次第に熱い絆で結ばれ最終的には味方になるという友情面も濃く描かれているのです。

今の時代は男友達でも女友達でも都合の良い時だけ仲間(表面上だけ取り繕う)であって都合が悪くなったり一方が困っている時には平気で裏切る関係ですので今一つ友情には欠けているかもしれませんね。

なのでぬらりひょんの孫を見ることで仲間たちとの熱い絆に泣くこと間違いないと思います。

是非そのような観点からも見て下さい。

テニスの王子様

スポーツ系に属しています。

登場人物は全員が美系男子で華麗なプレイや心理戦で対戦相手のチームを撃破して全国大会制覇を目指していく内容です。

セル画

アニメの原作者が書き下ろしたキャラクターの生原稿となっています。

滅多に手に入る事はないのですが少年誌の抽選プレゼントなどの商品になったりしていました。

応募する人が非常に多かったので競争率が高かったと言えたかもしれません。

見事当選した人はどれだけテンションが上がったことか何となくですが伺えます。

ではセル画の価値はいくら位だったのでしょうか?

昔のアニメだった場合は現在は希少価値が付いていて多少高額になるかもしれませんが現在、放映しているアニメのセル画だと数千円しかならないかと思います。

母を訪ねて三千里

世界名作劇場の一つですね。

生き別れとなってしまった母を探して旅に出る少年が街々で出会った人の温かさに触れながらも沢山の困難に立ち向かいながら最終的には無事に母親と再会を果たして以後は一緒に暮らすという感動作となっているのです。

ハンカチを用意しないで見れない位うるるとくること間違いないかと思います。

愛少女アンポリナ物語

第一部と第二部に物語が分かれているんですよ。

第一部では主人公が足を不運な事故に遭い全く動かないようになるのです。
それでも家族に支えられながらリハビリを懸命に受けた彼女は何とか自力で歩けるようになったのです。

第二部では家族仲良く暮らしていたのですが彼女の怪我が再発したのですが、もう日本の病院には治せる医者が居なかったんですよ。
ですがアメリカには治すことが出来ると聞きつけた両親はアメリカに飛び立って治してもらう事を決断しました。

愛少女アンポリナ物語の放送期間は1986年から1986年の12月まででした。
当時からもアメリカは広大だったことが非常に分かりやすくなっています。

更に多少はアメリカ限定ですが地理の勉強になるかもしれません。

先に述べた昔のアニメは白黒で今のアニメはカラーで見やすくなっているのです。
やはり人気になっているアニメはカラーで見る方が良いかもしれないです。

先に述べたアニメは作画が古くて画力も迫力がありませんでした。
更に相次ぐ声優さんの病死で次々と声優が変わっていき、あまりインパクトがなかったように思えます。
ですが今のアニメは同じ声優に統一されていて作画にもインパクトが出てきたのでのめり込む視聴者も増えていった事でしょう。

機動戦士ガンダム

戦隊系の土台を築いたアニメは何と言っても機動戦士ガンダムでしょうね。

機動戦士ガンダムは○○編というように何話かで区分別にされています。
ストーリーが最高潮になるのは「シャアの襲撃」です。

内容は主人公のアムロが宿敵であるシャアを激戦の末打ち破るといった内容になっています。
まさに手に汗握る展開に加えて結構シリアスな描写も沢山ある長編となっていますので一番人気が高いのかもしれません。

更に人気はアニメが終了してからでも滞る無くガンプラというプラモデルが発売されたりマニアが非常に喜びそうなフィギュアやカード付きのスナック菓子も発売されたりしていたんですよ。

初期が終わっても第二期、第三期とシリーズ化されたり何作もの映画が公開されたりしたのです。
映画が公開されたのには狙いがあったのです。
どのような狙いかと言いますと自宅では子供しか見ないのですが映画ともなれば「一緒に見に行こうよ」とねだられて両親もいった事でしょう。
そして案の定、両親もハマり出して自宅でも一緒に見ていたかもしれないです。
そのような狙いがあって興行収入や視聴率を伸ばしていったかと思います。

鉄腕アトム

体が使い物にならなくなった少年を有名な博士が改造して日本に迫ってくる悪者を市民から守っていくというロボットアニメの決定版です。

弱きを助け悪を挫くという構成になっていますので支持率が高かったかと思います。

更に視聴率も余裕で40%を超えていたと思います。

視聴率からも分かる通りどれだけテレビにくぎ付けになっていたか分かりますよね。

名探偵コナン

頭脳明晰の小学生が次々と起こる事件を解き明かして警察と協力して真犯人を追い詰めていく推理系の決定版になっているんですね。

更にこれまでプレイステーションやニンテンドー3DSなど様々な機器からゲームソフトが発売されているほかに映画は18作も公開されておりテレビとは一味違い頭脳を駆使する他に痛快なアクションなども見どころになっていてどの作品も観客動員数が500を超えるほどの大ヒットを記録してきました。

なので興行収入はいずれも30億になっています。

コミックもバカ売れな上に様々なグッズが発売されていたり各観光地でお客さんが主人公になったかのように謎を解き明かしていくミステリーツアーや展示会も開催されているのです。

ミステリーツアーの答えはテレビで発表するという何とも視聴者の心をも擽ってしまうほどの大人気アニメとなっています。